産業市場

以下にISCOの配管製品の産業用使用例を示します。

石油化学、製油所およびLNG

HDPEは今やあらゆる新設産業用工事現場の90%以上の地下防火システムにおいて採用されています。HDPEは原水、二次冷却ライン、飲料水、雨水排水、および化学産業下水および放流用として最近の配管材料としては最も多く使用されています。さらに、地下配管システムの「モデル化」の傾向の結果、ISCOショップ・スプーリング・システムは実績に裏打ちされた製品として、世界中の製油所、石油化学およびLNGプロジェクトの主要EPC企業で使用されています。 

製紙/パルプ

製紙およびパルプ工場は大量の水を必要としますが、HDPEは水とスラリーのパイプとして最適な製品として重用されています。貴社の配管コストの低減がいかに簡単であるか、ISCOにそれを説明する機会を与えください。錆や結節形成が起きないということは、今そして将来に亘ってヘイゼン・ウイリアムズC係数として150~155を使うことができることを意味します。熱可塑性配管はまた陰極化防止策を今とること、また将来に亘ってそれを維持することが不要であることを意味します

HERE (ここ)を押すと、「防火とFMパイプおよび継手」の情報が表示されます。

技師や契約業者に関しては HERE (ここ) を押して頂くとISCOの資源センターにアクセスすることができます