ケーススタディ

配管のトータルソリューションを提供そるISCOインダストリーズ。 以下のケーススタディを通じて、ISCOのリソースと専門知識・技術が、さまざまな作業現場で日常的または非日常的な問題の解決に活用されてきた事例をご紹介します。費用削減からスピーディーな設置まで、ISCOはお客様が必要とする材料とサービスを提供し、要望に応えて参りました。全文を読むには、ケーススタディをクリックしてください。

(Brookings, South Dakota) In a first-of-its-kind project for South Dakota State University, the school chose to build a centralized chiller plant on the north end of campus with an entirely poly piping system. Inside the building, ISCO Industries provided PP-RCT (polypropylene-random crystallinity temperature).

READ MORE

Across the country home brewers and beer fanatics are pursuing their passions and opening up their own independent craft breweries. Emerging as a new and promising trend, craft beer is speedily making its rise to the top of the beverage industry. Whether it be through unique flavors or innovative brewing methods, thousands of brewmasters are competing for the taste buds of the thirstiest beer advocates.

Read more

Geothermal systems create a cycle of giving and taking heat between the earth and a building. Schools across the country are installing these systems because of the significant cost savings, sometimes tens of thousands of dollars over the course of a year.

Read more

Located a few miles west of the Atlantic Coast, Jacksonville, North Carolina in Onslow County is situated along the banks of
the New River. It is home to Jacksonville Senior High School, the county’s largest high school, made up of nearly 1300 students. JHS has a vision of impacting the world through their students. The school aims to shape the young minds that roam its halls into globally competitive and responsible citizens in the 21st century. 

Read more

Craft beer brewers are taking their love of beer and turning it into a businesses across the country. In North Carolina, brothers Jason and Jeff Alexander having been hitting the festival circuit with the beer they brewed at home. Now, they’ve built a brewery to share their creations with their community.

Read More

The University of Chicago is a big proponent of high-density polyethylene (HDPE) pipe. The school has several buildings that are served by chilled water lines, including some recent additions to that system. The school had an issue that affected the chilled water HDPE supply line within a new building near the end of construction.

Read More

Bell County, Texas Sliplining with HDPE

Using reclaimed water is a growing trend for municipalities across the country facing unrelenting demands on their water systems. In Bell County, Texas the idea cropped up as far back as 2009 for one particular project. The Bell County Water Control & Improvement District (the District) needed to install pumps, pipes, and a control system to deliver 1 million

Read more

When summer heats up, most of us crank up the air conditioning, which, in turn, hikes up the energy bills. That chain reaction is multiplied hundreds of times to cool a building with halls of individual rooms, like a hotel or a hospital. The costs can be exorbitant. 

Read more

Thousands of craft breweries across the country are competing for the beerdrinker’s attention. Now, more than ever, brewers are challenging the status quo.
What has always worked may not be the best option moving forward. From the recipe to system, now is the time to push the boundaries to stand above the rest. Brewers are aggressively creative and costconscious.

Read More

The historic Pacific Coast Highway runs along some of the most beautiful coastlines in the United States. Through Newport Beach, California, it’s known simply as the PCH. It winds north along the coast through upscale neighborhoods and shopping areas toward Los Angeles. Visitors travel from around the world to cruise the highway and admire the communities nestled into the coastline of the Pacific Ocean.

Read More

(テキサス州ウィチタフォールズ)ウィチタフォールズ市が、ステージ4の干ばつに対し、異例の解決策を採用しました。飲料水直接再生(DPR)事業では、水再生プロジェクトを請け負ったウィチタフォールズのボウルズ・コンストラクション社が、ISCOインダストリーズに高密度ポリエチレン(HDPE)管を使ったターンキー・ソリューションの提供を依頼しました。

全文

(ユタ州ネフィ)ネフィ・イリゲーション・カンパニーは、ユタ州ネフィ西部にある水路の水漏れに対処するため、大径管を必要としていました。新たに大径管を使って水路の配管を行うことで、蒸発と地下漏水を最小限に抑えることができます。

 

全文 

(インディアナ州ジェファーソンビル)ジェファーソンビル市は、合流式下水道越流水(CSO)がオハイオ川に流れこむのを制限するために、劣化したコンクリート管の交換を予定したところ、ISCOより大径異形管と解決策の提案を受けました。市は費用対効果が高く、革新的な異形管システムを採用します。

全文

(テキサス州グランベリー)テキサス州グランベリーでは新たにフラックサンド工場の建設が進んでいます。目標はフラックサンドの生産量を以前の工場よりも増やすことでした。工場建設の一環として、ヴィスタサンド社は新たな配水システムを必要とし、その材料供給は配水システムを過去に扱ったことのある熟練の配管ソリューション・プロバイダーに任せたいと考えていました。

 

全文

(フロリダ州フェルスメア)フロリダ州フェルスメアのカントリーロード512号線のセントジョンズ川沿いにある堤防S-251は劣化が深刻でした。修理しないまま放置すれば、使用不可能になります。排水溝はそれぞれ直径183cm。ISCOインダストリーズは地区と共に排水溝整備事業に最適な材料を話し合い、スナップタイトを提供することになりました。

 

全文

(ジョージア州ダルトン)ウィットフィールド郡ダルトン市は、ジョージア州北西部、アトランタとチャタヌーガの間にありながら、隣接する大都市に負けていません。ダルトン公益事業は、ガス供給システムに欠かせない要素として、高密度ポリエチレン(HDPE)管のメリットを長年活用してきました。.最近では、既存の上下水道の維持と改良の主役にHDPE管が活用されています。

 

全文

(インディアナ州ウィンドフォール)インディアナポリスの北に位置するウィンドフォール市は、新たな水道システムを必要としていました。現在使われている鋳鉄の本管は60~70年前に設置されたもので、使用期限が過ぎていました。MTSが、水漏れしないなど、HDPEの利点を市に説明したところ、市はHDPEが優れた代替素材であると判断しました。

 

全文

(カリフォルニア州サンクレメンテ)カリフォルニア州サンクレメントの貯水池9号が、腐食した12インチの鋼管の交換で、困難に直面しました。鋼管は、アメリカンフットボール場の大きさに匹敵する大型の飲料水貯蔵タンクの中にあります。2010年2月に始まったこの事業は、時間に制約があり、早急な融着が必要でした。そこで配管のトータルソリューション・プロバイダー、ISCOインダストリーズが解決策を提示します。

 

全文

(サウスカロライナ州サンティー)陸軍工兵隊は、約600万ドル規模のサウスカロライナ州マリオン湖地域水道事業を担当していました。工兵隊は最初、事業に使われるパイプ素材が従来のものとは違うことに躊躇しましたが、HDPEの利点はそうした懸念を払拭するに足るものでした。ISCOは設計段階で技術支援をし、みごとに懸念を払拭します。新しいパイプラインがあれば、1000ガロンあたり0.55ドルで水が提供でき、利用者が増えれば、さらに安くなります。

全文

(ミズーリ州キャラウェイ郡)ミズーリ州キャラウェイ郡、ジェファーソンシティの北東40kmの場所にあるアメレンUE社のキャラウェイ原子力発電所は、ある問題を抱えていました。そこで、HDPE配管システムで全米をリードするISCOインダストリーズは、HDPE配管ソリューションについて専門知識と見解を求められ、アメレンUE社のキャラウェイ原子力発電所が抱える配管の悩みに応えます。

全文

(メリーランド州ワシントン郡)メリーランド州の議員が1970年、州の大気と土壌、水資源を守り、向上するという明確な任務のもと、メリーランド州環境サービスを設置しました。同機関は、公共部門の環境保護に対するコミットメントを、複雑な環境課題に革新的な解決策を見出す民間部門の効率性と専門知識につなげようと努めています。

全文

(ケンタッキー州ケーブランド)ケンタッキー州ケーブ市そばに拠点を置くケーブランド環境局は、マンモスケーブ国立公園の水道を所有し、運営しています。現在使われている水道は1948年に初めて設置されたもので、鋳鉄製であるため腐食が著しく、交換が必要な状態でした。この古いシステムによって使途不明となった大量の水は、60~70%のラインロスに上ります。他の案件でISCOと関わったピーターソン氏は、HDPEがこの問題の解決策としてふさわしい材質であることを知っていました。

全文

(サウスカロライナ州グリーンウッド) グリーンウッド都市圏(GMD)は、4600万ドル規模の排水処理施設拡大・下水道交換事業に最適な配管システムを模索していました。GMDは、大径異形管システムが費用対効果が高く、革新的であるとして導入を決めました。この異形管は、パイプからマンホールへの移行部など、全ての継手部分が均一に密閉されています。

全文

(テキサス州ヒューストン)日本の建築家、谷口吉生氏が設計したテキサス州ヒューストンにあるアジアソサエティの建物(面積3500㎡)には、新たな施設の冷暖房に地熱を活用できるよう、効率が高く保守の必要性が低い地熱貯蔵施設が必要でした。レディング・リンデン・バー社(RLB)のエンジニアリング企業に勤めるグレッグ・ティンクラー氏は、この事業に高密度ポリエチレン(HDPE)地熱貯蔵設備を指定し、さらにISCOインダストリーズのカスタムデザイン貯蔵設備、サーキット・メーカー・ヴォールト®を指定しました。

全文

(グアテマラ、チョロマ)効率性の高い再生可能エネルギーである水力発電では、水の重力または重さを使って発電を行います。小規模水力発電所は、直接の廃棄は発生せず、排出される温室効果ガス(二酸化炭素など)も、化石燃料を使う発電所と比べれば無視できる程度です。鋼管では費用がかかるため、グルポ・セカカオは、他に考えられる配管材料に目を向けました。その1つが高密度ポリエチレン(HDPE)管でした。

 

全文

(ミシガン州クインゼック)多くの製紙工場では、製紙プロセスの処理水の移動に、古い鋼管やダクタイル鋳鉄管が使われていますが、水に含まれる化学物質が原因で破損が生じ、正しく機能していません。化学物質は、インフラを劣化させるという厳しい状況につながります。またパイプの交換には多額の費用もかかります。

全文

(ミシガン州北部)パイプの水漏れで操業停止となったミシガン州北部の排水処理工場では、腐食が発生しやすい環境と高pH、圧力、衝撃に耐えられ、密閉性が高く、独自の寸法で設計が可能な配管システムを必要としていました。新たな集水ラインと圧送管は、平均1日15万ガロンの浸出液を移動させることができます。pHが高く、雨水が溜まることから、工場の設計には、腐食しやすい環境に耐えられ、今後水漏れを防ぐことができる配管システムを取り入れる必要がありました。

全文


ISCOの迅速な対応で、ウォーレン郡の水緊急事態を回避

(ケンタッキー州ウォーレン郡)2月、ある運搬船が増水したバレン川に浮かぶ係船設備を引き上げました。この時、ケンタッキー州ウォーレン郡の水道局のエンジニアは、重いコンクリートの係船設備が、川底に沈んだ直径16インチのダクタイル鋳鉄製飲料水送水管を破裂されたことを知りませんでした。川北部の水圧が下がり始め、郡により水不足の緊急事態が宣言されました。郡は、その送水管から水を得るボーリンググリーンの一般家庭や工場、企業など数千人・組織が、あと数時間で深刻な水不足に陥ることを知っていたのです。

全文


コンシューマー・イリノイ・ウォーターが初のHDPE設置を完了

(イリノイ州ダンビル)イリノイ州ダンビルに拠点を置くコンシューマー・イリノイ・ウォーター・カンパニー(CIWC)は、先ごろ初めてとなる高密度ポリエチレン(HDPE)送水管事業を完了させました。主なイリノイの公益事業では、誘導式ボーリングを使い、ダンビルのバーミリオン湖の下に12インチのHDPEダクタイル鋳鉄パイプを設置しています。誘導式ボーリングでは、HDPE送水管を設置することで設置時間と費用が節約でき、その過程での懸念も解消できることがわかっています。

ISCOインダストリーズのイリノイ州スプリングフィールド支社の地域営業エンジニア、ギャリー・ブーベ氏は、「この事業により、HDPEの効果を実証することができました」と語っています。

全文


環境品質企業が、産業廃棄物用埋立地の安全確保をISCOに依頼

(ミシガン州アレンパーク)埋立地の環境は常に変化します。降雨や凝結、分解といった自然のプロセスを経て、埋立地は浸出液という形で液体廃棄物を発生させます。浸出液は有害物質であることが多いため、埋立地の正しい管理には廃棄物の処理が関わってきます。ミシガン州アレンパークにある産業廃棄物の埋立地として有名な、ウェイスト・マネジメント社の処分場は、組立工場としても機能しています。ミシガン州ウェインにあるエンバイロメンタル・クオリティ・カンパニー(EQ)は、浸出液を流す9kmの二重送水システムの設置を請け負いました。

そのEQ社は、HDPEの専門知識と技術をISCOインダストリーズに求めました。

全文


インディアナポリス・ウォーター・カンパニーがHDPE管に移行

(インディアナ州インディアナポリス)インディアナポリス・ウォーター・カンパニー(IWC)は、住宅地に新たな給水本管を設置するにあたり、配管材料と方法を模索していました。IWCの主な目的は、従来の方法で溝を掘る際に発生する復元費用を削減することにありました。

「当社は民間公共団体です」と語るのは、IWCの購買ディレクター、アール・アンダーソン氏。「企業の資金を節約するチャンスがあれば、他の民間企業と同じように、私たちもそのチャンスを利用しなければなりません」

全文


ISCOがイリノイ州の地方コミュニティの水危機回避を援助

(イリノイ州オークランド)イリノイ州東中央部にある人口1000人の小さなオークランドの町が危機に見舞われました。夏と秋の水不足により、年間降水量が例年の水位を6インチ下回りました。水不足により、10万㎡のオークランド湖の水位も危険なレベルまで低下しました。4500万㎡の流域から取水して市に飲料水を供給するオークランド湖は、平均水深が約1.1m。ISCO地域営業マネージャーのギャリー・ブーベ氏は、深刻な状況だったと振り返ります。

「これ以上降水がなければ、オークランドはこの先3~4週間しか水が得られないという状態でした。市としても直ちに措置を講じなければなりませんでした」

全文


ISCOインダストリーズが、製紙工場スタッフによる保守のための運転停止スケジュール順守をサポート

(アメリカ北東部) アラバマ州のISCOインダストリーズ、ハンツビル工場は、北東部の大規模な製紙工場が保守のために運転を停止する間、処理水の放水設備を時間以内に設置するための材料と裝置、技術を提供していました。専門技術により、工場管理チームは42インチのY字ゲートバルブと高密度ポリエチレン(HDPE)管製スタブの設置に対するクリティカルパス条件を満たすことができました。高密度ポリエチレン(HDPE)管でできた器具とスタブは、主要処理場まで3マイルのHDPE管を敷くために設置され、その接合は生産を邪魔しないようになされる必要がありました。
 

全文


メガマク社のレンタル機器が、排水保持システムの作業時間を短縮

(アーカンソー州リトルロック)トーマス・コンストラクション・オブ・ローズバッド社が、アーカンソー州リトルロック北部のポリマー・グループ社の排水保持システムを整備する依頼を受けました。同社はケンタッキー州ルイビルのISCOインダストリーズとISCOが提供するメガマク融着器具に注目します。2台の融着裝置を動かすには、1日4000ドルのレンタルコストがかかりますが、トーマス・コンストラクション社のプロジェクトマネージャー、キャル・ロリンズは、それだけの価値があると話しています。

「ISCOは米国で最も大手のポリエチレン管の販売業者の1つです。数年共に取り組み、非常に良い関係を築いています」とロリンズ氏。

全文


埋め込み式HDPE送水管で費用と時間を削減

(ミズーリ州ヘンリー郡)高密度ポリエチレン(HDPE)を8800mにわたって湖に埋め込むことで、ヘンリー郡ウォーター・カンパニー(HCWC)は50万ドル近くの建設費用を削減することができました。ミズーリ州カンザスシティに本部を置くコンサルティング・エンジニア企業、ラーキン・グループのエンジニアは、同州クリントンのHCWCのために、2.4mgdの水処理場と原水および使用済み水の移動に使う本管を新たに設計しました。新しい本管は、サウスグランド川側のトルーマン貯水池に敷かれ、原水を工場まで運びます。新たな工場の取水ポンプ流量は1650gpmで、飲料水の需要が高まれば2500gpmまで拡大することができます。

全文