融着サービスとレンタル

仕事のために正しい設備を持つことは、正しいパイプ、継手および製作を持つ事と同様に重要なことです。だからこそ、ISCOは最高のメーカーの製品から選んだHDPE融着設備の業界最大の選択リストを当社のお客様に、販売または賃貸用に提供しているのです。ISCOインダストリーズはまたMcElroy(マッケロイ)社の公認レンタルプログラムの一部となっています。

貴社の融着仕事がどんなものであっても、当社は必要な設備を揃えています。例えば下記のようなMcElroy融着機は当社からレンタルまたはお買い上げ頂くことができます。

プラス以下に列記したようなその他の融着設備およびアクセサリ

  • 電気溶融設備
  • 手持ち式押出し溶着機
  • ホットエアガン
  • スパークテスター

老練の技工とジョブサイトでのトレーニング

当社はまた、ご購入またはリースして頂いた機械に関する現場トレーニングのために経験豊かな、工場でトレーニングを受けた技工を派遣いたします。これらの技工はまたOSHAおよび限定空間認証を受けています。

融着技術は電話1本で手に入れることができます!

今すぐ何か必要でしょうか!ご用の節は当社の故障診断ホットライン1-800-345-4726内線4790(米国内無料)へお電話ください。資格を持った融着専門技工が月曜日~金曜日、7:30 a.m.~5:00 p.m.まて機械の操作、融着の技法または問題に関するご質問にお答えします。

バット溶着

一般的に、ポリエチレンパイプと管継ぎ手はバット溶着で接続されますが、その場合、パイプおよび/または継手は固定位置に溶着機によって保持されます。その後、端面加工機がカッターで接続すべき両部品の端面を加工します。次に加熱板が接続すべき両部品の端面の間に置かれて加熱が行われます。次に加熱板が外され、両端面を合わせ、放置して冷却します。

バット溶着をメーカーの指示に従って行うと、溶着部はパイプ自身と同じ強度を持つ事ができます。こうしてバット溶着によってひとつになったHDPEパイプは、たとえ合成されたパイプが何10メートルの長せの長さに達していても据付のために引っ張ることは全く問題ありません。

電気溶融

電気溶融はHDPEパイプを接続する簡単で、コスト効率の良い方法です。バット溶着の代替案として、電気溶融は修理および困難なHDPEパイプの接続に理想的です。この方法は、パイプ破裂、スリップライニング、二重拘束、ディレクショナルドリリング、およびマンホール接続などに使用されて効率的であり、コスト低減も実現しています。

電気溶着接続は広範囲なサイズの部品で適用可能です。電気溶着が適用可能なその他の継手としては、セルフタッピングT字管、ブランチサドル、大量タッピングT字管などがあります。

ISCOは複数のISCO拠点に電気融着機をお買い上げまたはリース用途して準備しております。

押出し加工

1HDPEの押出し溶着は典型的な溶着手法のひとつです。溶着を始める前に、ポリエチレンの表面を研磨して、HDPEの新鮮面を露出させる必要があります。スパークテストワイヤを溝に置きます。これは後で溶着の品質をテストするために使われます。次に押出しガンを所定の位置にセットして、溶融したポリエチレンをビード状に押出します。ノズルからは高温に熱せられた空気が吐き出されて、表面を溶かします。溶けたポリエチレンは押出し機から押しだされ、表面と結合します。スパークテスターで溶着部分の継ぎ目をテストします。押出し溶着は分子レベルの接合をポリエチレンの物体間に形成します。